2020
30-DELUX ACTION PLAY MUSICAL THEATER featuring 宇宙Six
『のべつまくなし・LIVE』
30-DELUX ACTION PLAY MUSICAL THEATER featuring 宇宙Six
『のべつまくなし・改』
2019
30-DELUX ACTION PLAY MUSICAL THEATER featuring 宇宙Six
『のべつまくなし』
2018
30-DELUX Perfect EDITION
『シェイクス』
30-DELUX presents Special Act Stage 2018
『GAMEパニック【METORO】』
30-DELUX NEW GENERATION THEATER featuring 宇宙Six
『スクアッド』
2017
30-DELUX 15th Anniversary Project Special Act Stage
『THE REALITY ~not realistic~』
2016
30-DELUX Dynamic Arrangement Theater
『新版 国性爺合戦』
2015
30-DELUX London Performances
Musical Drama 『Kuli-Kala』 (倶利迦羅)
30-DELUX Dynamic Arrangement Theater
『新版 義経千本桜』
2014
30-DELUX 劇団朱雀 MIX
『オレノカタワレ~早天の章~』
東宝×30-DELUX Special Theater
『マホロバ』
2013
30-DELUX The Remake Theater
『デスティニー』
2012
30-DELUX The Remake Theater
『イエロー』
30-DELUX MarvelousAQL MIX
ミュージカル『薄桜鬼』斎藤 一 篇
2011
30-DELUX The Ninth Live
『デスティニー』
2010
30-DELUX 電撃チョモランマ隊MIX
『スペースウォーズ』
2009
30-DELUX ON/OFF MIX
『リプレイス』
30-DELUX Action Club MIX
『ナナシ』
2008
30-DELUX The Eighth Live
『ファミリア』
2007
30-DELUX The Seventh Live
『シェイクス』
30-DELUX The Sixth Live
『BLUE』
2006
ギリギリ・ボーイズ Special Live
『池袋大図鑑』
30-DELUX The Fifth Live
『オレノカタワレ』
2005
30-DELUX The Forth Live
『バーズ』
30-DELUX The Third Live
『イエロー』
2004
30-DELUX The Second Live
『マホロバ』
2003
30-DELUX The First Live
『MAYA-K』
2002 結成
30-DELUX 劇団朱雀 MIX
『オレノカタワレ~早天の章~』
公演概要
【東京公演】
2014年12月10日(水)~12月14日(日)
シアターサンモール 全8ステージ
【大阪公演】
2015年1月22日(木)~1月25日(日)
ABCホール 全6ステージ
【名古屋公演】
2015年1月31日(土)~2月1日(日)
名鉄ホール 全2ステージ
企画30-DELUX+劇団朱雀
米山和仁
演出伊勢直弘
音楽和田俊輔
主催30-DELUX・劇団朱雀・ジェイズプロデュース・Primrose・中京テレビ放送(名古屋公演)
協力ブリーゼアーツ(大阪公演)
製作30-DELUX・ジェイズプロデュース
-CAST-
早乙女友貴 天野博一 森 大 鈴花奈々 田中 精 岩崎祐也 谷口敏也 峰 拓也 田沼ジョージ 重咲なお 川口莉奈 佐藤美貴 清水順二 葵 陽之介
スペシャルゲスト 早乙女太一 ほか
ストーリー
雨…。
いつ止むとも分からない空模様の中、焦げ臭い匂いがまだ残る火災現場に足を踏み入れる、保険調査員の桐生と灰原。
彼らの目的は、一年前に起きた火災が、事故か? 過失か? その真実に迫ること。
そこに現れる人物が一人。
その人物の口から語られた真実は、ある劇団で巻き起こった、男と男の熱い絆の物語…

「結局ここに舞い戻ってきました…」

誰もいない劇場で『劇団時座』の最後の幕が上がる。
一人舞台に立つのは、三代目座長、時枝三四郎。
彼の人生の全てであった≪カタワレ≫風祭ジョーとの半生を語りだす…。
劇団時座は、三四郎の父一二郎、叔父の二々郎とで旗揚げされた大衆劇団。
満月の夜に座長の息子として生まれ、将来を期待されていた三四郎だったが、そんな時、問題児ではあるが、芝居の腕はピカイチの風祭ジョーが入ってくる。
彼はすぐさま、頭角を現していく。そして、事あるごとに三四郎を焚きつけた。
いつしか三四郎は劇団時座を背負って立つ役者へと成長していく。
2人の若き才能がぶつかり、劇団時座は、その人気を不動のものとしていくかにみえたのだか…。

満月だけが、そのすべてを、知っていた……
PHOTO BY Kazunori ITO
PHOTO BY Kazunori ITO
TOP